【クラウド関連、再上場IPO】ウイングアーク1st(4432)のIPO初値予想・結果分析

※上場中止になりました

ぴよ吉
ソフトウェアおよびクラウドサービスの提供するウイングアーク1st(4432)の上場が決まりましたね! 公募価格や初値はどうなるんでしょうか?
IPO博士
再上場案件であり、割安感もないIPOじゃ。業種的にはクラウド関連とはいえるが、あまり人気化しそうではなく初値も無難な結果に終わりそうなIPOじゃな。詳しく解説していくぞ!!

ウイングアーク1st(4432)のIPO初値予想

ウイングアーク1st(4432)のIPO初値予想

2019/03/13 (水)に上場するウイングアーク1st(4432)
情報・通信業で、東証市場のどこか(未決定)に上場予定。業種内容は「企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービスの提供」とIPOとしては、悪くない内容です。

時価総額的には大きめ。東証一部だったらぎりぎり許容範囲ですが、それ以外ならかなりの胃もたれ感があります。
また2013年に上場廃止している再上場案件であり、ファンド売り出し上場の意味合いが強めなのはかなりのマイナス要素です。

また業績は安定していますが、想定価格のPERが21倍程度でPBRが3.6倍程度と割安感はなし

IPO予想として、再上場案件でファンド売り出し型IPOですので初値は無難な結果になりそうです。気になる点は再上場とファンド売り出しが重いところです。
市場環境次第によりますが、公募価格より0.9~1.1倍に落ち着きそうなIPOです。

SBI証券でも申し込めますので、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう。

公募価格 初値予想
1,970 1,970
(±0)
企業の人気性 割安性
D D
当選確率 総合評価
B D

総合評価はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

 

ウイングアーク1st(4432)の事業内容

ウイングアーク1st(4432)の事業内容は下記のとおり、企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービスの提供です。

  • 帳票事業
  • BI事業
  • 第三者データ提供サービス等、その他ソリューション

など

引用元)公式サイト

ダイコー通産(7673)の事業内容

ウイングアーク1st(4432)の新規公開情報

日程情報は下記の通りとなっています。

仮条件決定日 2019/02/25 (月)
BB期間 2019/02/26 (火) ~ 2019/03/01 (金)
上場予定日 2019/03/13 (水)

次に公募株式数や価格はこのようになっています。

当選株式数 22,896,200株
仮条件価格 1,970円?
公募価格 1,970円?
ぴよ吉
想定価格の1,970に対して、PERは約21倍、PBRは約3.6倍と指標的には割安割高どちらでもない内容になっています。また、売り上げは安定しています
IPO博士
初値予想はずばり、1,970じゃ。公募と比べて、プラスマイナスゼロの評価じゃ。損する可能性も考えながら、抽選に申し込むのが良いじゃろう

ウイングアーク1st(4432)の証券幹事

ぴよ吉
主幹事は、野村証券です。余裕があれば、申し込みましょう。幹事のSBI証券も申し込んで、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう

スポンサーリンク

2019年3月上場IPOの予定・結果

銘柄名 評価 初値 公募比
Welby A
エードット B
NATTY SWANKY C
フレアス C
日本ホスピスホールディングス D
gooddaysホールディングス A
ギークス C 2,900 +50%
ミンカブ・ジ・インフォノイド B 1,400 +33%
コプロ・ホールディングス C 2,395 +15%
KHC D 832 -2.2%
共栄セキュリティーサービス C 2,866 +36%
カオナビ S 3,970 +100%
エヌ・シー・エヌ B 1,214 +51%
サーバーワークス S 18,000 +370%
ウイングアーク1st 上場中止 上場中止 上場中止
サンケイリアルエステート投資法人 E 97,000 -3%
ダイコー通産 D 1,732 +12%
日本国土開発 D 624 +22%

2019年2月のIPOの初値はどうなった!? 2月上場IPOの結果・振り返り

ウイングアーク1st(4432)の結果

ぴよ吉
残念ながら、ウイングアーク1st(4432)は上場中止になりました
初値 公募比
上場中止 上場中止

 

ウイングアーク1st(4432)のセカンダリー投資はどうなる?

投機的な動きが起こる可能性は少なめ
時価総額にもマネーゲームが起きそうな雰囲気はなさそうです。無難にスルーしましょう。

ただ株価は誰にも予想できませんので、注意して臨みましょう。
投資は自己責任です。余裕のある資産内で、無理のない運用を心がけましょう。

2018年のセカンダリー投資はどうなった!? 94銘柄の結果一覧まとめ

スポンサーリンク

ローリスクハイリターン
IPO投資にオススメな証券口座

IPO投資で利益を得るためには、IPO投資にオススメの証券口座が必要です。IPO投資にオススメの証券口座を一挙公開しています。

IPO初心者を脱却
IPO当選確率を上げる裏技を公開

IPOには経験者だけが知る当選確率を上げるための裏技が存在します。IPO博士がその極意を伝授してくれます。