【2019年2月IPOで最高評価】リックソフト(4429)のIPO初値予想・結果分析

ぴよ吉
アトラシアン製品導入に強みを持つリックソフト(4429)の上場が決まりましたね! 公募価格や初値はどうなるんでしょうか?
IPO博士
マザーズ、情報通信業、クラウド関連系と人気が出そうな要素が詰まったIPOじゃな。二月上場IPOのなかでは最も評価が高いIPOじゃ! 詳しく解説していくぞ!!

リックソフト(4429)のIPO初値予想

 

リックソフト(4429)

2019/02/26 (火)に上場するリックソフト(4429)
東証マザーズ上場、情報通信業、クラウド関連と人気化しやすい要素を持ったIPOです。

アトラシアン製品という生産性向上を支援するためのソフトウェアの導入に強みを持つ企業です。
一般人向けというより、企業向けのサービスですのであまり馴染みのない製品ではあります。

それでも、上記の人気要素のIPOですので初値は期待できそうです。
市場環境が良ければ、値幅的にも100万円利益レベルのプレミアムチケットにも達しそうな予感。かなり人気化することは間違いないです。

SBI証券でも申し込めますので、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう。

公募価格 初値予想
4,000 10,000
(+6,000)
企業の人気性 割安性
A D
当選確率 総合評価
D S

総合評価はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

 

リックソフト(4429)の事業内容

識学の事業内容は下記のとおりです。
強みは前述のようにアトラシアン製品ですし、企業にITソリューションを提供するビジネスモデルのようです。

1.ライセンス&SIサービス
  • ツール販売提供:ライセンス販売
  • ツール導入支援:要件定義、設計支援、構築支援、カスタマイズ、データ移行など
  • ツール活用支援:運用支援、各種研修など
2.クラウドサービス
  • 取り扱い製品のエンタープライズ向けクラウドサービス(フルマネージドサービス)
3.ソフトウェア開発
  • プロジェクト管理:WBS Gantt-Chart for Jira
  • ユーザビリティ向上:Excel-Like Issue Editor for Jira
  • デジタルトランスフォーメーション対応:Alfresco connector シリーズ
  • その他、独自ソフトウェアの開発と提供

引用元)公式サイト

リックソフト(4429)の新規公開情報

日程情報は下記の通りとなっています。

仮条件決定日 2019/02/07 (木)
BB期間 2019/02/08 (金) ~ 2019/02/15 (金)
上場予定日 2019/02/26 (火)

次に公募株式数や価格はこのようになっています。

当選株式数 294,400株
仮条件価格 3,840-4,000円
公募価格 4,000円
ぴよ吉
想定価格の3,840に対して、PERは約85倍、PBRは約11倍と指標的には割高になっています。ですが、人気IPOで売り上げも伸びているので割高指標は問題なく、初値は高くなりそうです
IPO博士
初値予想はずばり、10,000じゃ。公募と比べて、大幅にプラスになる評価じゃ。積極的に抽選に申し込むのが得策じゃ

リックソフト(4429)の証券幹事

ぴよ吉
主幹事は、大和証券です。絶対に申し込みましょう。副幹事のSBI証券も申し込んで、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう。

スポンサーリンク

「東証マザーズ」銘柄のパフォーマンス

リックソフト(4429)は、東証マザーズ上場予定です。
東証マザーズに上場するIPOは初値が上がりやすいとよく聞きますがどうなんでしょうか。

直近にマザーズ上場した10銘柄について、初値パフォーマンス(初値/公募価格)を調査しました。

銘柄名 初値パフォーマンス
リンク +112.8%
ベルトラ +33.9%
EduLab +2.2%
自律制御システム研究所 -16.8%
ポート -37.2%
テノ.ホールディングス +25.0%
Amazia +33.0%
AmidAホールディングス +6.3%
Kudan +276.3%
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング +98.4%
ぴよ吉
平均初値パフォーマンスは+53%!! 非常に高いパフォーマンスになっています。やはり東証マザーズに上場するIPOは初値が上がりやすいというのは正しいようですね。

2019年2月上場IPOの予定・結果

銘柄名 評価 公募価格 初値
スマレジ B 1,370 3,225(+1,855)
フロンティアインターナショナル B 2,410 2,715(+305)
東海ソフト C 1,500 2,872(+1,372)
リックソフト S 4,000 9,050(+5,050)
識学 A 1,800 4,550(+2,750)
エスコンジャパンリート E 92,000 88,300(-3,700)
エネクス・インフラ E 101,000 97,200(-3,800)

 

リックソフト(4429)の結果

ぴよ吉
識学(7049)の初値結果が出ました! 初値は2倍強の9,050になりました! 当選された方はおめでとうございます!
初値 公募比
9,050 +5,050

 

リックソフト(4429)のセカンダリー投資はどうなる?

人気テーマのIPOですので、投機的な動きが起こる可能性は大
マネーゲームも発生しそうで初値が低めなら、参戦するのはあり。

ただ株価は誰にも予想できませんので、注意して臨みましょう。
投資は自己責任です。余裕のある資産内で、無理のない運用を心がけましょう。

2018年のセカンダリー投資はどうなった!? 94銘柄の結果一覧まとめ

スポンサーリンク

ローリスクハイリターン
IPO投資にオススメな証券口座

IPO投資で利益を得るためには、IPO投資にオススメの証券口座が必要です。IPO投資にオススメの証券口座を一挙公開しています。

IPO初心者を脱却
IPO当選確率を上げる裏技を公開

IPOには経験者だけが知る当選確率を上げるための裏技が存在します。IPO博士がその極意を伝授してくれます。