新規公開株式(IPO)投資のためのオススメ証券会社(証券口座)ランキング

ぴよ吉
博士、日本には証券会社がいっぱいあるけれど、新規公開株式(IPO)投資のためにはどこの証券口座を開設すればいいの?新規公開株式(IPO)投資のために必要な証券口座って決まってるの?
IPO博士
新規公開株式(IPO)が購入できる証券口座は、新規上場の案件により毎回異なるのじゃ。そのため、どの新規上場の案件にも対応できるように、新規上場の案件を取り扱った実績のある証券口座は事前に解説しておくことが最も重要なポイントとなる。あくまで新規上場案件を取り扱う証券口座を開設しておくのが重要じゃぞ。

このページでは新規公開株式(IPO)投資のために管理人が利用している証券会社をご紹介します。

私自身、長年にわたり新規公開株式(IPO)投資を行っていますが、まず基本の基本として、証券口座はできるだけたくさん持っていたほうが当選確率を上げることができるのは紛れもない事実です。

そのため、このページでは管理人のオススメ順に証券会社をご紹介しますが、絶対に新規公開株式(IPO)を手に入れたいという方は、以下の証券口座を片っ端から開設していくのが一番の近道です。

証券口座は、証券会社によって口座開設が完了するまでに5日~2週間程度の時間を要します。この口座開設を待っている間にも、たくさんの会社が新規上場をしている可能性がありますので、まずは口座の開設手続きを先に済ませて、開設完了までの時間を使って、このサイト内のIPOテクニックに目を通してみてください!

新規公開株式(IPO)証券口座オススメランキング

新規公開株式(IPO)投資ネット証券会社オススメ編

証券会社には店舗型とネット型が存在しますが、まずはネット型の証券会社のランキングになります。
ネット型の証券会社の魅力としては、以下が挙げられます。

  • 新規公開株式(IPO)の完全抽選配分の割合が多い
  • 売買手数料が安く利益が残りやすい

新規公開株式(IPO)の配分には裁量配分と抽選配分とがありますが、前者は証券会社の営業マンの裁量で配分されます。裁量配分で新規公開株式(IPO)を手に入れれるのは、日頃からたくさんの株式の取引を行っているお得意様だけです。そのため、これから新規公開株式(IPO)投資を始められる方は抽選配分による新規公開株式(IPO)の購入をしていきますが、ネット証券はこの抽選配分の割合が非常に高いことが特徴です。

順位  証券会社  口座開設料/口座維持費 口座の特徴
1位 SBI証券 無料/無料 ・申込株数によって抽選口数が増加
IPOチャレンジポイント制度あり
>>SBI証券のIPOルールはこちら
2位 岩井コスモ証券 無料/無料 ・BBと抽選申込が別
>>岩井コスモのIPOルールはこちら
3位 マネックス証券 無料/無料 ・抽選配分100%
>>マネックスのIPOルールはこちら
4位  カブドットコム証券 無料/無料 ・IPO当選のための優待取りに必須
>>カブコムのIPOルールはこちら
5位 GMOクリック証券 無料/無料 ・GMOグループ会社の上場に有効
>>GMOのIPOルールはこちら
 6位  楽天証券 無料/無料 >>楽天証券のIPOルールはこちら
 7位  岡三オンライン証券 無料/無料  >>岡三OLのIPOルールはこちら
 8位 ライブスター証券 無料/無料  >>ライブスター証券ルールはこちら
9位  松井証券 無料/無料  >>松井証券のIPOルールはこちら
10位 むさし証券 無料/無料  >>むさしのIPOルールはこちら
11位 アイザワ証券 無料/無料  >>アイザワのIPOルールはこちら

新規公開株式(IPO)投資店舗型証券会社オススメ編

店舗型の証券会社は、いわゆる老舗の証券会社が多いです。ネット証券に対して、抽選配分の割合が少なかったり、取引手数料がネット証券の何倍も高いことがデメリットですが、新規上場の主幹事や幹事会社となることも多いため、これらの証券会社からの新規公開株式(IPO)を申し込むことを忘れてはいけません。

店舗型と言っても、インターネットでの取引が可能なものが殆どですので、店舗に出向いて新規公開株式(IPO)の抽選申込をしなければならない訳ではない点はご安心ください^^

順位  証券会社  口座開設料/口座維持費  口座の特徴
1位  野村証券 無料/無料 ・抽選申込時に資金拘束なし
>>野村証券のIPOルールはこちら
2位 大和証券 無料/無料 IPOチャンス回数制度あり
>>大和証券のIPOルールはこちら
3位  SMBC日興証券 無料/無料 >>SMBC日興のIPOルールはこちら
4位 みずほ証券 無料/無料 >>みずほ証券のIPOルールはこちら
5位 東海東京証券 無料/無料 >>東海東京のIPOルールはこちら
 6位 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 無料/無料 >>モルスタのIPOルールはこちら
 7位 いちよし証券 無料/無料 ・電話での抽選申込
>>いちよしのIPOルールはこちら
 8位 東洋証券 無料/無料  >>東洋証券のIPOルールはこちら
9位 エイチ・エス証券 無料/無料  >>HS証券のIPOルールはこちら
10位 岡三証券 無料/無料  >>岡三証券のIPOルールはこちら
11位 SMBCフレンド証券 無料/無料  >>フレンドのIPOルールはこちら
IPO博士
これがわしが利用している証券口座じゃ。これに従って口座開設をしておけばまず問題はない。
ぴよ吉
ありがとうございます!!各証券会社によって、新規公開株式(IPO)の抽選ルールが違うんですね!!
IPO博士
そのとおりじゃ。各証券口座の特徴を理解しておくことは新規公開株式(IPO)投資を成功させるためにも重要なポイントじゃぞ!