さぁはじめよう新規公開株(IPO)投資│IPO FREAK

株式投資初心者の方でも簡単に始められる新規公開株式(IPO)投資の全貌について徹底的に研究するサイト

新規公開株式(IPO)IPOチャレンジポイント 新規公開株情報

【SBI主幹事】ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の初値・IPOチャレンジポイントボーダー

投稿日:2019.02.27 更新日:

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]「みんなの株式」や「株探」の運営や金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供をするミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の上場が決まりましたね! 公募価格や初値はどうなるんでしょうか?[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]クラウド関連、AI関連、情報・通信業、東証マザーズ上場と人気要素が詰まった銘柄じゃな。株に興味がある人は「みんかぶ」や「株探」は知っているじゃろうし、知名度も高い人気銘柄じゃ。初値も1.5倍ほどは期待できそうなIPOじゃな。詳しく解説していくぞ!![/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]さらに今回はSBI主幹事案件ですので、IPOチャレンジポイントボーダーも合わせて解説していきます![/voice]

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のIPO初値予想

2019/03/19 (火)に上場するミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)。
情報・通信業で、東証マザーズに上場予定。業種内容は「AI、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディア(「みんなの株式」等)の運営並びに金融機関向け情報系フィンテックソリューションの提供」とIPOとしては人気が出そうな業種内容です。

時価総額的にはそこそこ。初値上昇余地はロックアップ付近の1.5倍程度か。
また業績は順調に右肩上がりで伸びています。想定価格のPERが78倍程度でPBRが6倍程度とかなり割高ですがですが、成長企業なので全然許容範囲です。

IPO予想として、人気化間違いなしのIPOですので初値は1.5倍も狙える結果になりそうです。内容はいいんですが、ロックアップで1.5倍以上は厳しそうな印象。
市場環境次第によりますが、公募価格より1.3~1.6倍に落ち着きそうなIPOです。

SBI証券でも申し込めますので、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう。

公募価格 初値予想
1,050 1,500
(+450)
企業の人気性 割安性
A E
当選確率 総合評価
B B

総合評価はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

 

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のIPOチャレンジポイントボーダー予想

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)はSBI証券が主幹事ですので、IPOチャレンジポイント抽選に期待できます。

SBI証券の配分枚数が、約10,000枚
これまでの傾向から考えますと、IPOチャレンジポイント抽選で当選すると300株が配分されます。

枚数が多めですので、前述のように初値も1.5倍程度に収まりそうです。
またIPOチャレンジポイントが最近はインフレ気味ですので、ポイント単価も900と低めになるのではないでしょうか。

POINTボーダー 配分
150 300株
予想利益 POINT単価
135,000 900

 

(参考)2018年IPOチャレンジポイントボーダー

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]参考情報として、去年は下記の表のようなボーダーになったぞ。例えば、リンクなら430ポイントを使えば200株当選したということが分かるのじゃ[/voice]

2018年はSBI主幹事では12社ほどが新規上場しました。その12社のポイント平均単価は以下のようになります。

  • 1,639円/pt  (SBI主幹事の12社平均)
銘柄名 評判/ボーダー 利益(配分数) ポイント単価
リンク S / 430 +808,000
(200株)
+1,879
ソフトバンク D / 1 -3,700
(申し込み全て)
-3,700
ピアラ S / 360 +496,000
(200株)
+1,378
VALUENEX A / 360 +492,000
(200株)
+1,366
SBIインシュアランスグループ(注2) D / 60 0
(300株)
0
マリオン A / 310 +142,000
(100株)
+458
エクスモーション B / 270 +332,000
(200株)
+1,230
GAtechnologies A / 320 +981,000
(300株)
+3,065
エーアイ S / 290 +500,000
(200株)
+1,724
ライトアップ C / 240 +271,500
(300株)
+1,131
エヌリンクス A / 255 +394,000
(200株)
+1,545
RPAホールディングス S / 335 +3,213,000
(300株)
+9,591

(注1)超大型IPOのため複数の主幹事あり。
(注2)厳密には大和証券主幹事ですが、SBI子会社ですし、配分数もかなり多いので明記してます。
※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

歴代のIPOチャレンジポイントが一目瞭然
【完全版】歴代のIPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のIPOチャレンジポイントボーダー結果

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のIPOチャレンジポイントボーダー結果は下記のようになりました。
※ネット情報、推測あり

配分は予想通り300株配分。
しかし、ポイントボーダーは評判より高めの210ポイント

通例のIPOチャレンジポイントの価値は1ポイント辺り1,000~2,000円ですので、
初値は1,700~2,400くらいを期待したいところですがどうなるんでしょうか。

POINTボーダー 配分
210 300株

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の事業内容

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の事業内容は、「AI、クラウドインプットによる情報生成技術を活用した金融情報メディア(「みんなの株式」等)の運営並びに金融機関向け情報系フィンテックソリューション」の提供です。

  • 株式情報配信サービス
  • CX・FX情報配信サービス
  • システム開発サービス
  • メディアサービス

など

引用元)公式サイト

ダイコー通産(7673)の事業内容

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の新規公開情報

日程情報は下記の通りとなっています。

仮条件決定日 2019/02/27 (水)
BB期間 2019/03/01 (金) ~ 2019/03/07 (木)
上場予定日 2019/03/19 (火)

次に公募株式数や価格はこのようになっています。

当選株式数 3,151,200株
仮条件価格 950円 ~ 1,050円
公募価格 1,050円?

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]想定価格の960に対して、PERは78倍、PBRは約6倍と指標的にはかなり割高の内容になっています。しかし、売り上げは右肩上がりに増加していますので成長性はピカイチです[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]初値予想はずばり、1,500じゃ。公募と比べて、1.5倍近く上昇する評価じゃ。積極的に抽選に申し込むのが良いじゃろう[/voice]

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の証券幹事

  • SBI証券(主幹事)
  • SMBC日興証券
  • みずほ証券
  • 松井証券
  • 岩井コスモ証券
  • 東海東京証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • 岡三証券
  • 極東証券
  • エース証券
  • アイザワ証券
  • むさし証券
  • エイチ・エス証券
  • 水戸証券
  • 東洋証券
  • 内藤証券
  • カブドットコム証券
  • 岡三オンライン証券

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]主幹事は、SBI証券です。絶対に申し込んで、当選狙いはもちろんIPOチャレンジポイントもしっかり貰っておきましょう[/voice]

2019年3月上場IPOの予定・結果

銘柄名 評価 初値 公募比
Welby A
エードット B
NATTY SWANKY C
フレアス C
日本ホスピスホールディングス D
gooddaysホールディングス A
ギークス C 2,900 +50%
ミンカブ・ジ・インフォノイド B 1,400 +33%
コプロ・ホールディングス C 2,395 +15%
KHC D 832 -2.2%
共栄セキュリティーサービス C 2,866 +36%
カオナビ S 3,970 +100%
エヌ・シー・エヌ B 1,214 +51%
サーバーワークス S 18,000 +370%
ウイングアーク1st 上場中止 上場中止 上場中止
サンケイリアルエステート投資法人 E 97,000 -3%
ダイコー通産 D 1,732 +12%
日本国土開発 D 624 +22%

2019年2月のIPOの初値はどうなった!? 2月上場IPOの結果・振り返り

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の結果

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)の初値結果が出ました!![/voice]

初値 公募比
1,400 +33%

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]初値は1,400で、公募比+33%と事前評判通りの初値になったぞ。さらにIPOチャレンジポイント利益結果はこちらじゃ![/voice]

POINTボーダー 配分
210 300株
利益 POINT単価
105,000 500

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]IPOチャレンジポイントとしては、物足りない結果になってしまったのぅ。ポイント単価は500と低調な結果じゃ。。。[/voice]

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のセカンダリー投資はどうなる?

人気テーマのIPOですので、投機的な動きが起こる可能性は大
マネーゲームも発生しそうで初値が低めなら、参戦するのはあり。

ただ株価は誰にも予想できませんので、注意して臨みましょう。
投資は自己責任です。余裕のある資産内で、無理のない運用を心がけましょう。

[btn class=”rich_yellow”]IPOセカンダリー投資とは?[/btn]

2018年のセカンダリー投資はどうなった!? 94銘柄の結果一覧まとめ

-新規公開株式(IPO)IPOチャレンジポイント, 新規公開株情報

執筆者:

関連記事

techpoint

テックポイント・インクの徹底的IPO初値予想分析

目次テックポイント・インク(6697)IPO分析テックポイント・インクの新規上場基本情報テックポイント・インクの上場スケジュールテックポイント・インクの初値予想テックポイント・インクのIPO当選本数・ …

sharing-tech

シェアリングテクノロジーの徹底的IPO初値予想分析

目次シェアリングテクノロジー株式会社(3989)IPO分析シェアリングテクノロジー株式会社の新規上場基本情報シェアリングテクノロジー株式会社の上場スケジュールシェアリングテクノロジー株式会社の初値予想 …

【クラウド関連、再上場IPO】ウイングアーク1st(4432)のIPO初値予想・結果分析

※上場中止になりました [voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” …

【完全版】歴代のIPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

msandc

MS&Consultingの徹底的IPO初値予想分析

目次株式会社MS&Consulting(6555)IPO分析株式会社MS&Consultingの新規上場基本情報株式会社MS&Consultingの上場スケジュール株式会社MS&Consultingの …

’IPOFREAK’

名前:ぴよ吉(左)&博士(右)
IPO投資初心者のぴよ吉が、IPO博士と出会い初心者から新規公開株投資をマスターしていきます!

IPO投資初心者の方はこちらをどうぞ
 ★新規公開株式(IPO)投資の始め方★


SBI証券
IPO取扱数が圧倒的に多い証券会社です。IPOチャレンジポイント制度を利用することで、落選するたびに次回の当選確率を上げることも可能なIPOオススメ証券口座第1位です。>>SBI証券IPOルール

岩井コスモ証券

IPOのBBと抽選申込が分かれる数少ない証券口座で、抽選をし忘れてしまうが故に穴場の証券口座です。IPO取り扱い実績も申し分ありません>>岩井コスモ証券IPOルール

マネックス証券

SBI証券同様、IPOの取り扱いが多い非常に多い証券口座です。IPO当選には外せない証券口座です。>>マネックス証券IPOルール

 

サイト管理人は実際に新規公開株式(IPO)投資のために22の証券口座を開設していますが、IPO当選のためのすべての証券口座情報を知りたい方は『IPO用証券口座徹底解説ページ』も参考にしてみてください。