IPOの当選確率を上げる3つの裏技

ぴよ吉
博士、IPO投資を始めたけど、やればやるほどにもっと効率的に当選する方法を知りたいと思っちゃいます。何かいい方法はありますか?
IPO博士

ぴよ吉よ、わしは株式投資・投資信託・FX・ソーシャルレンディング・仮想通貨・・・これまでさまざまな投資をマスターしてきたが、IPO投資ほどローリスクハイリターンな投資方法はない!断言しておく。

そんなありがたいIPO投資を教えてやったのにも関わらず、まだ欲を出すのか!?お前は欲深いヒヨコじゃのう・・・

ぴよ吉
でも、折角はじめたIPO投資だし、できるだけ効率的に当選したいって思っちゃうのがヒヨコのサガです。実際に博士と僕では、当選している数が全然ちがいますし。。博士・・・まだ隠している事あるんじゃないですか?( 一一)ジロ
IPO博士
ぴ、ぴよ吉!!お主まさか師匠であるわしを疑っておるのか!?まぁ、お主が言っていることも一理ある。実際にお主とわしとで当選確率に差がでているのは、わしがIPO当選のためのテクニックをフルに活用しているからじゃ。それでは、お主がIPO当選のために必要な事項をどれだけ実践できているかのチェックリストの意味も込めて、IPO当選のテクニックを改めて振り返っていくぞ!
ぴよ吉
ありがとうございます!IPOは一生続けられる投資!頑張って勉強します!

IPO当選のための裏技・テクニックその0

まず、これからIPOを始めたいと思っている方、IPO投資を始めたけど当選確率を上げたいと思っている方は、ご自身が保有している証券口座の状況に目を向けることが重要です。

当サイトでも口酸っぱくお伝えをしているので大丈夫かとは思いますが、IPO当選のためには主幹事・幹事、時には委託幹事の証券口座から網羅的に抽選申し込みを行うことが基本の基本です。

まずはIPOのために開設している証券口座が20口座に満たない方は、こちらをお読みください。保有している証券口座が少ない状態でIPOに当たらないと嘆いていても、なかなか現状を脱却することはできません。

IPO当選のための裏技・テクニックその1

次に、IPO当選確率を上げるために必要なことは、落選が無駄にならないシステムを大いに活用することです。

先ほどのテクニック0でもご紹介した通り、多くの証券口座でIPO株式の取り扱いが行われていますが、落選をしてしまった人に目を向けてくれるシステムを採用している証券会社はズバリ1つです。

IPOチャレンジポイントというシステムを活用すれば、遅かれ早かれ必ずIPO当選を果たすことができるのと、ポイント次第では自分が当選したい銘柄で勝負をかけることもできますので、注目度の高いIPO案件に是非活用してみてください。

管理人も、このIPOチャレンジポイントを駆使して、1本の当選で80万円を超える利益を手に入れたこともあります。

IPO当選のための裏技・テクニックその2

中上級者向けの内容として、大和証券の株主優待を活用したIPO当選確率を上げる方法も存在します。

大和証券では抽選配分20%のうち15%部分を完全抽選配分、5%部分をチャンス配分という形で配分しますが、管理人はこのチャンス配分の当選確率を上げるためにダイワポイントプログラムという制度をフル活用しています。

ここでは、このダイワポイントプログラムをリスクなく手に入れるための「優待取り」についても解説しながら、その内容をご紹介しています。

ぴよ吉
博士、ありがとうございます!まだまだ知らない裏技もあって驚きました!
IPO博士
IPO投資は基本を押さえてテクニックをマスターし、後は抽選に臨むことの繰り返しじゃ。継続して続けていれば大物案件を釣り上げることも夢じゃない。焦らず気ままに、IPO投資を楽しむのじゃぞー^^