【完全版】歴代のIPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

ぴよ吉
博士、歴代のIPOチャレンジポイントボーダーや結果はどうだったんでしょうか?
IPO博士
中にはポイント単価10,000に迫るものや効率のいい銘柄もたくさん存在したぞ。この記事で歴代IPO銘柄を振り返っていくのじゃ

IPOチャレンジポイント単価ベスト3

人気ランキングのイラスト文字「No.1」
IPO博士
さて、年度別でIPOチャレンジポイントボーダーを振り返る前に歴代のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3を見ていくぞ
  1. RPAホールディングス(2018年) 9,591円/pt
  2. あんしん保証(2015年) 5,000円/pt
  3. ピーバンドットコム(2017年) 4,338円/pt
ぴよ吉
圧巻なのが2018年のRPAホールディングスですね、1ポイントがほぼ1万円!!
IPO博士
1年で80~100ポイント手に入ることを考えると、なんと年100万円の利益がノーリスクで手に入ったことになる。本業もびっくりの数字じゃ!!

このように夢のあるIPOチャレンジポイント。
そんなIPOチャレンジポイントを使った当選、ボーダー結果をさっそく振り返っていきましょう。

2018年IPOチャレンジポイントボーダー

IPO博士
2017年、SBI主幹事のIPO結果はこのようになったぞ。例えば、リンクなら430ポイントを使えば200株当選したということが分かるぞ
銘柄名 評判/ボーダー 利益(配分数) ポイント単価
リンク S / 430 +808,000
(200株)
+1,879
ソフトバンク D / 1 -3,700
(申し込み全て)
-3,700
ピアラ S / 360 +496,000
(200株)
+1,378
VALUENEX A / 360 +492,000
(200株)
+1,366
SBIインシュアランスグループ(注2) D / 60 0
(300株)
0
マリオン A / 310 +142,000
(100株)
+458
エクスモーション B / 270 +332,000
(200株)
+1,230
GAtechnologies A / 320 +981,000
(300株)
+3,065
エーアイ S / 290 +500,000
(200株)
+1,724
ライトアップ C / 240 +271,500
(300株)
+1,131
エヌリンクス A / 255 +394,000
(200株)
+1,545
RPAホールディングス S / 335 +3,213,000
(300株)
+9,591

評判はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

(注1)超大型IPOのため複数の主幹事あり。
(注2)厳密には大和証券主幹事ですが、SBI子会社ですし、配分数もかなり多いので明記してます。
※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

IPO博士
2018年は例年に比べ、ポイントボーダーが50~100ポイントほど上がっている印象じゃ
ぴよ吉
SBI証券で、IPOチャレンジポイントが貰えるキャンペーンが沢山あった影響でしょうか

2018年IPOチャレンジポイント単価ランキング

人気ランキングのイラスト文字「No.1」
IPO博士
2018年のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3は以下のようになっておるぞ
  1. RPAホールディングス 9,591円/pt
  2. GAtechnologies 3,065円/pt
  3. リンク 1,879円/pt
ぴよ吉
歴代でも出ましたが、やはりRPAホールディングスが圧巻ですね。1ポイントがほぼ1万円!!

2018年IPOチャレンジポイントをもっと詳しく分析
【2018年版SBI主幹事】IPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

 

2017年IPOチャレンジポイントボーダー

IPO博士
2017年、SBI主幹事のIPO結果はこのようになったぞ。例えば、みらいワークスなら285ポイントを使えば、100株当選したということが分かるのじゃ
銘柄名 評判/ボーダー 利益(配分数) ポイント単価
みらいワークス A / 285 +424,000
(100株)
+1,487
イオレ B / 300 +321,000
(100株)
+1,070
ディーエムソリューションズ A / 250 +460,000
(100株)
+1,840
ビーブレイクシステムズ S / 290 +1,206,000
(200株)
+4,158
アセンテック A / 270 +790,000
(200株)
+2,925
ネットマーケティング B / 160 +123,600
(300株)
+772
No.1 A / 200 +378,000
(200株)
+1,890
ピーバンドットコム C / 130 +564,000
(300株)
+4,338

評判はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

IPO博士
2017年は評価がC以上のIPOしかなく、結果も好調じゃった。お宝IPOばかりじゃ!!
ぴよ吉
まさにローリスクハイリータンのIPO投資の醍醐味ですね!!

2017年IPOチャレンジポイント単価ランキング

人気ランキングのイラスト文字「No.1」
IPO博士
2017年のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3は以下のようになっておるぞ
  1. ピーバンドットコム 4,338円/pt
  2. ビーブレイクシステムズ 4,158円/pt
  3. アセンテック 2,925円/pt
ぴよ吉
ピーバンドットコム、ビーブレイクシステムズは4,000円を超えるものすごいポイント単価ですね

2017年IPOチャレンジポイントをもっと詳しく分析
【2017年版SBI主幹事】IPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

 

2016年IPOチャレンジポイントボーダー

IPO博士
2016年、SBI主幹事のIPO結果はこのようになったぞ。例えば、リネットジャパンなら200ポイントを使えば、200株当選したということが分かるのじゃ
銘柄名 評判/ボーダー 利益(配分数) ポイント単価
リネットジャパン B / 200 +340,000
(200株)
+1,700
シンシア C / 100 -45,000
(300株)
-450
キャリアインデックス A / 120 +18,000
(200株)
+150
エルテス A / 230 +472,000
(100株)
+2,052
フィルカンパニー A / 210 +538,000
(200株)
+2,562
アイモバイル C / 0 -45,000
(500株)
0
チェンジ A / 200 +359,800
(200株)
+1,799
デュアルタップ B / 160 +282,000
(200株)
+1,762
AWSホールディングス B / 260 +586,000
(100株)
+2,253
エディア B / 200 +307,000
(200株)
+1,535
PRTIMES A / 180 +237,000
(300株)
+1,316
エボラブルアジア B / 90 +261,000
(300株)
+2,900
フィット C / 100 -44,700
(300株)
-447

評判はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

IPO博士
2016年は公募割れもあったが、事前評価が高いものは評判通り良い結果になったぞ
ぴよ吉
事前評価がA以上のものを狙うのがやはり王道ですね

スポンサーリンク

2016年IPOチャレンジポイント単価ランキング

人気ランキングのイラスト文字「No.1」
IPO博士
2016年のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3は以下のようになっておるぞ
  1. エボラブルアジア 2,900円/pt
  2. フィルカンパニー 2,562円/pt
  3. AWSホールディングス 2,253円/pt
ぴよ吉
3,000円超えはなく、爆発力には欠ける年になりましたね

2016年IPOチャレンジポイントをもっと詳しく分析
【2016年版SBI主幹事】IPOチャレンジポイントボーダー予想・結果一覧

 

2015年IPOチャレンジポイントボーダー

IPO博士
2015年、SBI主幹事のIPO結果はこのようになったぞ。例えば、ソーシャルワイヤーなら170ポイントを使えば、300株当選したということが分かるのじゃ
銘柄名 評判/ボーダー 利益(配分数) ポイント単価
ソーシャルワイヤー B / 170 +273,300
(300株)
+1,600
ダブルスタンダード A / 210 +846,000
(300株)
+4,000
インベスターズクラウド A / 140 +523,500
(300株)
+3,740
あんしん保証 A / 170 +854,000
(200株)
+5,000
レントラックス B / 150 +279,000
(300株)
+1,860
モバイルファクトリー A / 120 +420,000
(300株)
+3,500
RS Technologies D / 50 -195,000
(300株)
-3,900
ALBERT A / 160 +648,000
(200株)
+4,050

評判はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

IPO博士
2015年はまだまだIPOチャレンジポイント黎明期。この制度を知るものはまだまだ少なかったぞ
ぴよ吉
ポイントボーダーが低いことにもそれが表れていますね。郵政3社の上場によって、一気にIPOが世の中に広まった感じがします

2015年IPOチャレンジポイント単価ランキング

人気ランキングのイラスト文字「No.1」
IPO博士
2016年のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3は以下のようになっておるぞ
  1. あんしん保証 5,000円/pt
  2. ALBERT 4,050円/pt
  3. ダブルスタンダード 4,000円/pt
ぴよ吉
トップ3全てが4,000超え!! 知る人ぞ知るおいしい投資ですね

 

事前評判別ポイント単価一覧表

ぴよ吉
博士、事前評判が良いものの方がポイント単価が良くなるって聞いたんですがほんとでしょうか?
IPO博士
うむ、その認識で構わないぞ。せっかくなので調査結果を書いておくのじゃ

一般的に、IPOでは事前評判が良いものに申し込むのが良いとされています。
果たしてそれはIPOチャレンジポイントでも同様なのでしょうか。

せっかくなので、評判別のポイント単価を調査しました。(2015~2018年のIPOを元に抽出)

評判S 評判A
3,746 2,374
評判B 評判C
1,668 914
評判D 評判E
-2,533

※評判Sなら平均ポイント単価は3,746

ぴよ吉
事前評判が良ければ良いほど、ポイント単価も上がっていますね!!
IPO博士
ポイントとの兼ね合いもあるが、基本戦略として評判がA以上のIPOが狙い目じゃな。もちろん評判Sの時に狙うのが一番じゃ!!
スポンサーリンク

ローリスクハイリターン
IPO投資にオススメな証券口座

IPO投資で利益を得るためには、IPO投資にオススメの証券口座が必要です。IPO投資にオススメの証券口座を一挙公開しています。

IPO初心者を脱却
IPO当選確率を上げる裏技を公開

IPOには経験者だけが知る当選確率を上げるための裏技が存在します。IPO博士がその極意を伝授してくれます。