さぁはじめよう新規公開株(IPO)投資│IPO FREAK

株式投資初心者の方でも簡単に始められる新規公開株式(IPO)投資の全貌について徹底的に研究するサイト

新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

セカンダリー投資初心者が失敗しないための8箇条

投稿日:2017.02.25 更新日:

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]いざ投資に挑戦しようとしても、やっぱり失敗が怖いな~。[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]そう恐れるでない。セカンダリー投資で勝ち続けようとするから、怖いのじゃ。大儲けすることを考えるよりも、まずは損失を出さない方法を学ぶのじゃ。[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]損失を出さない方法?セカンダリー投資に慣れてる人でも負けることもあるの?[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]勿論じゃ!勝ち続けている投資家などまずおらん。ただし、皆準備やリスク管理をしっかりしておるのじゃぞ。大事な資産を守る為、しっかり心得を学ぶのじゃ。[/voice]

心得1. 負けた時に備える

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

セカンダリー投資で100%勝ち続ける者は、100%いません。

どんなに投資成績が良い投資家でも、勝ったり負けたりを繰り返し、結果として儲けの方が多かったに過ぎません。

投資成績がよい投資家は、負け方が上手いのです。

セカンダリー投資で利益を上げるなら、上手く負けるために負けた時に備える必要があります。

1-1. 投資先を分散する

投資先は、必ず分散しましょう。

セカンダリー投資で1回の負けによって財産の大半を失ってしまえば、投資活動の継続は困難になります。

従って、仮にその勝負で投入資金を全て失ってしまっても投資が続けられるように、資金は分散させることが絶対に必要です。

1回の投資による儲けは減ってしまうが、資金を分散した分投資先は増えます。

そうすることで投資回数が増え、経験も積めるのです。

目指すべきは1発勝負による大儲けではなく、コンスタントに小さな儲けを出し続けることです。

1-2. 損切りラインを設定する

銘柄を買う前に、必ず損切りラインを設定しましょう。

株式を保有して予測がはずれて値下がりしてしまった時、将来に希望を抱くべきではありません。

値下がり幅が想定の範囲内であれば保有を続けても良いですが、そうではないならばさっさと見切りをつけて次の銘柄に行くべきです。

投資資金は無限にあるわけではありません。

値下がったまま動かない株式を持ち続けるということは、そこに投入した資金も拘束されたままということなので、他の銘柄への投資機会を奪われ続けているということでもあります。

しかし、一度値下がりをしてしまうとその状態で売ることに人はどうしても抵抗感を持ってしまいます。

売りたくても、将来への淡い希望が売るという行動を許さないのです。

従って、値上がる可能性の薄い銘柄に見切りをつけさせるには強制力が必要になります。

事前に、決めていた価格まで下落したら売り払うことを決めておくと、強制力となって銘柄を手放すことができます。

証券会社に損切注文を出しておけば、機械的に処理してくれるのでより安心です。

1-3. 引上げ時期を決める

投資前に、資金の引き上げ時期を決めておきましょう。

銘柄を買っても、株価が値上がりも値下がりもせず、買った時の価格にとどまったままということはよくあります。

損はしてなくとも、儲けが出ていないのだからある意味で「負け」です。

予想していた時期に値上がりをしないのなら、見切りを付けてより値上がりの高い可能性がある銘柄に資金をシフトさせましょう。

そのためにも、その銘柄に資金を最長でいつまで投入しておくのかあらかじめ決めておくことが大切です。

心得2. 欲張り過ぎない

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

欲張り過ぎは、得られたはずの儲けすら逃してしまいます。

ある程度の利益が出たら、しっかりと利益を確定させましょう。

2-1. 売る価格を決める

売る価格を決めておけば、少なくとも値上がりした時に確実に狙った分の利益は確保できます。

セカンダリー投資の理想的な売値は、もちろん最高値です。

しかし、最高値で売れる投資家など何百、何千といる投資家のうち一体何人いるのでしょうか。

場合によっては、1人の投資家が1単元のみ約定させるだけかもしれません。

最高値で売るなど運に頼るしかなく、普通は「無理」です。

従って、投資家は少なくともこの価格以上にはなるだろうと言う「ほどよい価格」で売り払う必要があります。

これができなければ、結局売り時を逃して得られたはずの利益を逃してしまうでしょう。

2-2. 売る時期を決める

売るタイミングを決める方法に、売る時期を決めると言うやり方があります。

例えば、「購入してから3週間で売る」「決算が発表される前日に売る」「決算が発表されてから1週間後に売る」などです。

これは株価が大きく動くことが予想されるが、どれくらい動くか分からない時に有効な戦術です。

想定以上に動けば大儲けできますし、予想に反して動かなくても期限が来れば投資資金を回収して次の投資に備えることができます。

心得3. 調査に手を抜かない

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

セカンダリー投資では、企業や経済環境の調査に手を抜いてはいけません。

セカンダリー投資は、株式を買う前の調査の精度で勝負が決まると言っても過言ではありません。

3-1. 企業を調査する

企業の調査は基本中の基本です。

その企業の「成長性」「将来性」を計るには、企業そのものを知る必要があります。

「どのような事業を行っているのか」「業績の伸びはどうか」「今後の事情展開は、今後拡大する市場で事業を展開しているか」など、しっかりと確認しましょう。

3-2. 経済環境を調査する

企業は、国内外の経済環境に大きく影響を受けます。

金融系であれば、政策金利や法改正に多大な影響を受けますし、円安になれば輸出産業が儲かります。

売買対象とする銘柄に影響を与える経済要因を把握し、株価上昇にプラスになるかどうか確認しましょう。

3-3. 過去のチャートを調査する

過去のチャートは、将来の値動きを知るうえで貴重な資料となります。

セカンダリー投資の対象銘柄は、IPO直後の銘柄なので過去のチャートはあまりないかもしれません。

それでも初値がいくらだったのか、上場後の高値や安値はいくらだったのかを知ることは、売買タイミングを計る上で貴重なデータとなります。

心得4. 監視を怠らない

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

株式を保有したら、銘柄の監視を怠ってはいけません。

株価は、1日から数日で急騰することもあれば急落することもあります。

利益確定の機会を掴み、損失を抑えるために、銘柄の監視は極めて重要です。

4-1. 決算をチェックする

決算は、株価に対して非常に大きなインパクトを与えます。

従って、決算日をまたいで株式を保有するのなら、必ず決算内容をチェックしましょう。

事前予想よりもよい業績であれば、株価は上がる可能性が高く、低ければ下がる可能性が高いです。

4-2. ニュースをチェックする

銘柄の業績に関連するニュースも、見逃さないようにしましょう。

企業の不祥事が怪しまれていたりすれば、不祥事が確定すると株価はまず間違いなく急落します。

ニュースで疑惑などが上がっていたら、安全のために手放した方が良いでしょう。

また大規模プロジェクトの受注や有名企業との業務提携などがあれば、株価は急騰する場合もあります。

そのような株価が大きく伸びた時は、下がらないうちに売ってしまうことが肝要です。

4-3. 環境の変化をチェックする

政府の重点政策が変わったり、アメリカ大統領が変わると株価は影響を受けます。

また、税制改正で特定の業種が儲かりやすくなったりコストが増えたりすることもあるでしょう。

企業の周辺環境の変化をチェックし、業績に影響が出そうな場合に適切な行動を取れるようにしましょう。

心得5. 自分で考える

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

セカンダリー投資は全て自己責任であり、自分で考えて投資行動を決定する必要があります。

未来を100%予測できる人などいるわけがなく、有名なアナリストや経済学者だって経済予測は何度も外しています。

他人の意見に振り回されず、自分で考えて売買を行うことが大切です。

5-1. 値動きを予測する

株価がいつ、どの程度動くかを予測しましょう。

そうすれば適切な買いタイミングや売りタイミングを割り出し、全てを自分でコントロールした投資ができます。

損失も利益もすべて織り込んだ投資計画が立てられるでしょう。

5-2. ニュースを予測する

ニュースを予測すると、値上がりや値下がりを予測しやすいです。

企業が過去に発表したニュースとその後の値動きを見ると、それができるようになります。

いつ頃どんなニュースを発表しているのかが分かれば、将来に発表しそうな時期が分かるものです。

例えば、毎年春に新製品を発表している企業があるとすれば、来年の春にも新製品を発表する可能性が高いです。

5-3. 環境の変化を予測する

相場環境や経済環境の変化を予測できれば、大きな利益を得やすいです。

例えば、日経平均が長期的な下落をしたあと底を這っているような時期に政府が大きな金融政策を打ち出す気配を見せていれば、その発表にあとに大きく相場が持ち直す可能性が高いです。

また、とある業界で非常に影響力の大きい企業が新規格を採用すれば、その規格の需要は間違いなく増えるので、関連する企業の株価は値上がりする可能性が高いです。

例えばiPhoneシリーズで有名なAppleが、有機ELディスプレイを採用することが決まった時、有機ELディスプレイ関連銘柄はのきなみ上昇しました。

心得6. 余裕資金で勝負する

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

セカンダリー投資は、余裕資金で行いましょう。

どんなに自信があっても、生活費や将来設計に関わるお金に手を出してはいけません。

6-1. 資金の余裕は心の余裕

余裕資金で行うのは、心に余裕を持ち、冷静な状況で売買判断を下すために必要なことです。

人間は心に余裕がなければ極端に臆病になったり、逆に希望的観測にすがって無謀になったりするものです。

そんな状態で正しい投資行動が取れるわけもありません。

6-2. 生活に影響を与えない

セカンダリー投資は、よりよい生活・将来のために手持ちのお金を増やす目的で行うのであって、失敗したとしても生活に影響を与えるようなことはしてはいけません。

それは投資ではなく、ギャンブルの類です。

生活にも困窮する事態になれば、人間は何をしでかすか分かりません。

追い詰められた人間は、一発逆転を狙って借金してでも投資をする可能性すらあります。

「自分はそんなことはない」と言えるでしょうか。

言えるとしたら、それはその状況に陥ってそれをせずにいられた人だけです。

少なくとも、投資のために生活費に手を出した人は、「自分は生活費さえも投資に回してしまう人間である」ということを認識して欲しいです。

心得7. 過去から学ぶ

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

株価の値動きにはパターンがあるため、過去の値動きから学び、将来に活かすことができます。

7-1. 業績と株価の推移を知る

業績と株価は、だいたい一致しています。

売り上げが増え、企業が成長すれば株価も伸びます。

また、過去の業績とチャートを見れば、どの程度の業績の伸びがあればどの程度株価が動くかも知ることができます。

セカンダリー投資の対象銘柄では、過去のチャートが無いので業績と株価の推移の関係を図ることは難しいですが、同業他社の業績と株価を参考にしてある程度は予測が可能です。

7-2. 株価が動く要因を知る

株価がどんな要因で動くか知ることは、株価の値動きを予測する上で重要です。

例えば、株価は記念配当の発表や売上の大幅増、自社株買いの発表などで大きく値を上げやすいです。

逆に「配当の停止」「業績の悪化」「増資」によって株価は下がります。

他にもさまざまな要因があり、業種によって独特な要因もあります。

過去に大きく値が動いた前後で何があったのか調べれば、株価が動く要因を簡単に知ることができるので、様々な銘柄で試して欲しいです。

7-3. 季節的な値動きを知る

業界によっては特定の季節に業績を伸ばす企業というものがあり、季節的な値動きをする銘柄も少なくないです。

例えば水着を扱っていれば夏の業績は伸びるし、カフェチェーンであれば冬場の利用者増が期待でき、業績が伸びることもあります。

また、決算発表の前後で毎年大きく値動きが見られる企業も少なくありません。

セカンダリー投資の対象銘柄の業績が季節に影響を受けるようであれば、売買タイミングの時期を決める目安を得られます。

心得8. 投資計画を立てる

セカンダリー投資で失敗しないための心得8つ

セカンダリー投資では、株式を購入する前に必ず「いつ買うのか」「いつ売るのか」「いつ手放すのか」を決めておくべきです。

計画の無い投資では、買うべきではないタイミングで買い、売るべきではないタイミングで売ってしまいかねません。

8-1. 買うタイミングを決める

買うタイミングは、セカンダリー投資を成功させる上で最も重要です。

なぜなら、買値こそがその投資が利益で終わるのか損失で終わるのかの分岐点であるからです。

どんなに売り時が下手であっても、売値より買値が下回っていればその投資は成功です。

買うタイミングは、これから株価が上昇すると言うタイミングがベストです。

そのタイミングを知るために企業を調査し、経済環境を知り、過去のチャートを学ぶ必要があると言えます。

8-2. 売るタイミングを決める

適切なタイミングで売ることで、初めて投資で利益を得ることができます。

逆に言えば、売らない限りはどんなに利益が乗っていようとも紙に描いたモチに過ぎません。

人は利が乗ってくるとまだまだ伸びるという期待と、明日にでも下がってしまうのではないかという不安の板挟みになります。

この状態で冷静な判断は下しにくいです。

従って、株式を購入する前に、「いつ売るのか」「いくらになったら売るのか」は、しっかり決めておくとよいでしょう。

そしていざ売る条件を満たしたら問答無用で売ってしまいましょう。

それが自分にとってのベストタイミングなのです。

8-3. 手放すタイミングを決める

売るタイミングと多少被りますが、予想と違い値動きが無い時にはいつまで持っていても仕方がないのでどこかで手放す必要があります。

「いついつまでに動きがなければ手放す」ということも、事前に決めておきましょう。

8つの心得を守れば無謀・無計画な投資行動はしない

セカンダリー投資で失敗してしまう理由は、調査をろくにせず、リスク管理もせず、勘に頼って売買してしまうからです。

そんな投資方法で利益を上げ続けられるほど、セカンダリー投資は甘くありません。

投資の初心者は、まず資金を守りながら投資を継続する方法を学ばなければなりません。

本記事で紹介した8つの心得は、セカンダリー投資で大きな利益を約束するものではありませんが、少なくとも再起不能な失敗をしないことは約束します。

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]なるほどな~。利益を出すことばかり考えていたけど、例え利益が出なくても「損失を少なく」賢く運用していけばいいんだね![/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]初めから利益を上げられる投資家は少ない。継続して投資していくことで、知識を蓄え経験を積み、少しずつ利益を上げられるようになるんじゃぞ。今回紹介した8つの心得は、資産を守りながらも投資家としての成長を促してくれること間違いなしじゃ![/voice]

次は、セミリタイアを目指すための準備や考え方についてご紹介します!
セカンダリー投資でセミリタイアしたい!サラリーマンが準備すべき事

-新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セカンダリー投資セミリタイア

【2018年新規公開株】IPOセカンダリー投資結果一覧・分析まとめ

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資の践で役立つサイト10選

セカンダリー投資の実践で役立つサイト9選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で注目された企業10選

セカンダリー投資ではどんな企業に投資する?過去に注目された企業10選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で年間20%の利益を上げるための心得10箇条

セカンダリー投資 年間20%の利益を上げるための心得10箇条

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

セカンダリー投資で利益を出す方法!3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

’IPOFREAK’

名前:ぴよ吉(左)&博士(右)
IPO投資初心者のぴよ吉が、IPO博士と出会い初心者から新規公開株投資をマスターしていきます!

IPO投資初心者の方はこちらをどうぞ
 ★新規公開株式(IPO)投資の始め方★


SBI証券
IPO取扱数が圧倒的に多い証券会社です。IPOチャレンジポイント制度を利用することで、落選するたびに次回の当選確率を上げることも可能なIPOオススメ証券口座第1位です。>>SBI証券IPOルール

岩井コスモ証券

IPOのBBと抽選申込が分かれる数少ない証券口座で、抽選をし忘れてしまうが故に穴場の証券口座です。IPO取り扱い実績も申し分ありません>>岩井コスモ証券IPOルール

マネックス証券

SBI証券同様、IPOの取り扱いが多い非常に多い証券口座です。IPO当選には外せない証券口座です。>>マネックス証券IPOルール

 

サイト管理人は実際に新規公開株式(IPO)投資のために22の証券口座を開設していますが、IPO当選のためのすべての証券口座情報を知りたい方は『IPO用証券口座徹底解説ページ』も参考にしてみてください。