さぁはじめよう新規公開株(IPO)投資│IPO FREAK

株式投資初心者の方でも簡単に始められる新規公開株式(IPO)投資の全貌について徹底的に研究するサイト

新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

セカンダリー投資 株式の購入タイミングを見極める5つの方法

投稿日:

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]博士~!セカンダリー投資では、株式を購入するタイミングってあるの?[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]セカンダリー投資で効率的に利益を上げることは、「購入タイミングが正しかったかどうかにかかっている」と言っても過言では無いのじゃぞ。購入の見極め能力を磨くことが資産を増やす秘訣でもあるのじゃ![/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]へ~!そうなんだ!一体どんなタイミングがあるの?[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]うむ。これからその株式購入のタイミング…つまり「エントリーポイント」を見極めるための5つの方法を解説していくぞ。どれ一つとて疎かにせず、丁寧にタイミングを計っていくのじゃ[/voice]

1.業績が好調な時

極めて当たり前のことですが、セカンダリー投資で株式を購入する時は、その企業の業績が好調であること、あるいは業績が上向くことが確実視される場合にすべきです。

1-1. 現在はさまざまな指標が乱立している

株式を買う場合、投資家はさまざまな指標を参考にします。

ファンダメンタルズ分析であれば、企業業績・PER・PBRなどが挙げられます。

テクニカル分析であれば、移動平均線・出来高・過去の安値or高値などです。

現在はコンピューターの発展により、株価を分析するテクニカル分析が格段に進化しており、投資家によって参考にしている指標の組み合わせは無数にあります。

1-2. テクニカル分析偏重の弊害

テクニカル分析が発展した結果、現在ではテクニカル分析のみで売買を行う投資家も少なくありません。

確かに、デイトレードやスイングトレードなどは、条件がハマればテクニカル分析が極めて有効に機能します。

また、過去にテクニカル分析で大成功を収めたような投資家もおり、テクニカル分析を重要視するのは間違いではありません。

では、テクニカル分析はあらゆる場面で有効に機能するのでしょうか?

答えは、一概にそうとは言えないのです。

ある局面では利益を生み出せますが、その局面から外れると逆に損失を生み続けるのがテクニカル分析偏重の株式売買なのです。

1-3. 業績が好調な時、何が起きるか

テクニカル分析についてはひとまず置いておくとして、業績が好調な時を考えてみましょう。

この時、株式に何が起きるでしょうか。

もちろん、価格が上昇するのです。

売上が伸び続け、純利益、純資産が増え続けていれば、100%株式価格も上昇します。

逆に赤字が続き、純資産が減り続けていれば株式価格も下落し続けます。

株式価格に関して、ここまで明確な相関関係は他にないのです。

下は2014年4月に上場した丸和運輸機関の週足チャート、および売上高、純利益、1株当たり純資産の推移です。
セカンダリー投資でエントリーポイントを見極める5つの方法

セカンダリー投資でエントリーポイントを見極める5つの方法

2013年から2016年にかけて順調に売上高を伸ばしており、1株当たり純資産も増えています。

株価はきれいな右肩上がりをしており、上場時から比べると2016年7月には約4倍の株価になっています。

丸和運輸機関の株価は極めて分かりやすい値動きですが、安定して売上や資産が伸び続けていればこのような値動きになることも珍しくはないのです。

1-4. 業績を踏まえたテクニカル分析が求められる

テクニカル分析を有効に機能させるには、業績をきちんと踏まえておく必要があります。

例えば、テクニカル分析で株価が上昇することが予測されたとしても、業績が悪ければその予測は多くの場合覆ります。

一方で、業績を把握していれば、「このタイミングで株価が上昇するなどありえない」ということもすぐに判断でき、無駄な売買で損失を出すことを避けることも可能です。

逆に、業績が好調であれば株価は嫌でも上昇するので、その状態でテクニカル分析が買いシグナルを示していれば、高確率で利益を出すことが可能なのです。

業績を踏まえたテクニカル分析を用いれば、勝率を上げ、無駄な損失を避けることができます。

2.決算日までの期間

四半期決算や年度末決算の発表までの期間は、株式を買う上で考慮しなくてはならないポイントです。

決算の発表は、投資家にとって一大イベントであり、その結果を持って大きく値が動くことも珍しくありません。

従って、決算内容の発表日前後でどのように値が動くのか予想しておくことは極めて重要で、発表日までの期間によっては売買を見送った方がよいことも多々あります。

2-1. 銘柄によって決算発表日前後の値動きに特徴がある

決算前後の値動きを細かく見ていくと、銘柄や業績によって特徴的な値動きをしていることがあります。

例えば、何期も連続して業績が伸び続けているような企業で、決算短信の発表のたびに業績の上方修正を行っている銘柄は、次の発表でも同じようなことが起こると期待され、決算日の1~2週間前から株価が値上がることがあります。

また、例えば業績の相関が高い同業種のA社とB社があり、A社が常にB社よりも1週間前に業績を発表していたりすると、A社の決算発表を受けてB社が自社の決算発表前に大きく値を動かすということもあります。

2-2. 決算発表日前後の値動きを利用する

決算発表前後というのは投資家が最も銘柄に注目する時であり、値動きも大きくなるため、銘柄ごとの特徴を捉えて適切な行動を取れば利益を得ることも可能です。

特に、毎回決算発表日前に株価が上がる銘柄は、極めて利益を上げやすいです。

ただし、この場合は、決算発表日をまたいで株式を保有することは避けた方が良いでしょう。

もし業績が予想よりも良ければ株価は一段と高くなり、より大きな利益を得ることができます。

一方で業績が予想通り、または予想より下回っていた場合は株価が値上がりしていた分、急落します。

決算短信や決算は、多くの場合大引け後に発表されます。

多くの投資家は一晩かけて決算内容を確認し、翌営業日の寄付きで注文を出すのです。

その結果、決算発表日の翌営業日の寄付きは大きく窓を開けて寄り付く場合が少なくないのです。

つまり、業績が悪かった場合、値下がる前に売ろうと思っても、実際に売れるのはその価格よりもはるかに下回る価格になってしまうのです。

このように、決算日をまたいで株式を保有するというのは、一か八かの博打のようなものです。

下は、2014年6月27日に上場したメドピアの日足チャートです。
セカンダリー投資でエントリーポイントを見極める5つの方法

メドピアは決算短信発表前の数日間、大きく値上がりする傾向にある銘柄で、この時も決算短信発表前に1週間ほど上昇しています。

しかし、決算短信の内容は前年比で減益であったため、決算短信発表の翌営業日には約1割も窓を開けて安く寄付きました。

もしメドピアでこの値動きを利用して利益を上げたいのなら、決算短信発表1週間ほど前に買い、決算短信発表日に売ってしまうという方法が考えられます。

決して決算発表日をまたいて保持してはいけません。

2-3. 決算発表日前後の値動きを避ける

決算発表日前後というのは上記で述べたように独特の値動きをするため、テクニカル分析でエントリーポイントを掴もうとするのは困難です。

従って、テクニカル分析でエントリーポイントを探すなら、決算発表日前後の値動きに影響されない期間で行うべきです。

四半期ごとの業績を記した決算短信は、4ヶ月に1回は発表されます。

決算発表日前後に決算に合わせた値動きをそれぞれ2週間ずつ考慮するならば、決算発表の影響が薄い期間は約3ヶ月間ということになります。

この期間はよほど大きなニュースが無ければ、大きな窓を開けたりせず緩慢な値動きをすることが多いので、リスクを管理しながら利益を追求できるのです。

3.日経平均に引きずられて下落した時

業績が好調で株価も順調に推移していたとしても、日経平均が大きく下落した時、それに引きずられて株価が下落してしまうことがあります。

このような時は、絶好の買い場です。

株価は日経平均に影響されるものですが、企業の業績が本当に良いのなら時間をかけて必ず持ち直します。

それどころか、他の銘柄から引き揚げられた資金が流入してきて株価がさらに値上がることも期待できます。

本当に強い株にとって、相場環境による一時的な値下りはこれ以上ない押し目買いのチャンスなのです。

4.緩やかに上昇している時

株価が緩やかに上昇している時は、買い場です。

極端なバブル相場でもない限り、業績が伸び続けていれば株価も上昇を続けます。

業績とともに株価が緩やかな上昇をしている時というのは、投資家が少しずつ少しずつ買い続け、人気が集まり続けている状態であると考えられます。

この状態がいつまで続くのかは分かりません。

数週間で終わることもあれば、数年続くこともあるのです。

緩やかに上昇している以上は、短期間で大きな利益は得られません。

しかしながら、緩やかな上昇が続いている銘柄はどこかで人気が爆発し、短期間で数倍になる可能性を秘めています。

また、そのような銘柄は買い支えている投資家が多いために緩やかに上昇しているわけで、急激な値下がりが起きにくいのです。

従って、業績と連動するように緩やかに上昇している銘柄は、安心して買うことができ、保有していられます。 

5.日経平均が一時的に下落した時

日経平均が一時的に下落した時、業績が良い銘柄は買い時です。

日経平均はどこかで必ず反発して値を戻すものですが、その時の上昇によって業績のよい銘柄の株価も押し上げられます。

逆に日経平均が高値にある時は、買うのを待った方が良いでしょう。

高値にある日経平均は、近いうちに高確率で下落します。

日経平均の値が高ければ高いほど下落率も大きくなりやすいのです。

その場合、全業種が値下がる全面安になることも珍しくありません。

そうなれば、もちろんどんなに業績が良い銘柄であろうと値下がりは避けらないのです。

下は、日経平均の日足チャートです。
セカンダリー投資でエントリーポイントを見極める5つの方法

日経平均が、波打つように推移しているのが分かります。

赤丸は、買い場を指しています。

個別の株ならば、日経平均が下がった時に購入すると勝率が高いです。

チャートのように波打つようなチャートであれば、買い場の見極めもしやすいものです。

ただし、3月15日以降のチャートを見てみれば分かる通り、値下がりが一時的なものでは無く長期に渡って下落し続ける場合には、株価がいくら値下がりしようとも買ってはいけません。

長期下落相場に入った場合は、きちんと下げ止まり、反転が確認できるまで様子を見るべきです。

日経平均が継続的な下落に入ると、その流れは簡単には覆ったりしません。

もし下落した時に買ってしまって損失を抱えた状態になったとしても、抱え続ける限り損失は膨らむ一方なのですぐに売り払い、相場の反転時に改めて買えるように資金を残すように努めましょう。

エントリーポイントの見極めが99%

セカンダリー投資において、売買が利益を出して終われるかどうかは、エントリーポイントの見極めに99%かかっています。

利益を出すには、買った値段より高く売ればよいわけで、買ってから値上がりするタイミングをいかにして掴めるかが重要なのです。

買った価格より株価が値上がりさえすれば、そのあとは利益が大きく終わるか小さく終わるかの違いに過ぎません。

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]投資家は、買うタイミングにこそ最も気を使わなくてはならないのじゃ!今回紹介した見極めポイントは、適切な買い場を判断する上で大いに助けになるじゃろう。一つ一つ確認しながら買うことで、リスクを最小にしつつ利益を追求していくのじゃぞ![/voice]

-新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

執筆者:

関連記事

セカンダリー投資の践で役立つサイト10選

セカンダリー投資の実践で役立つサイト9選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資をサラリーマンにおすすめする9個の理由

セカンダリー投資は副業でも可能!サラリーマンに勧める9個の理由

セカンダリー投資は、サラリーマンにとって収入を増やすこと以外にも有益な点がいくつもあります。 セカンダリー投資を通じて得られるものは、「お金」「知識」「役に立つ考え方」であり、本記事ではそれらを9項目 …

セカンダリー投資で3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

セカンダリー投資で利益を出す方法!3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

セカンダリー投資で利益を出そう!頻出する値動き5パターン

セカンダリー投資では株価の値動きを予測し、その予測が当たって初めて利益を得ることができます。 株価はさまざまな要因によって変動するために正確な予測は困難ですが、チャートを分析することで頻出する値動きの …

セカンダリー投資セミリタイア

【2018年新規公開株】IPOセカンダリー投資結果一覧・分析まとめ

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

’IPOFREAK’

名前:ぴよ吉(左)&博士(右)
IPO投資初心者のぴよ吉が、IPO博士と出会い初心者から新規公開株投資をマスターしていきます!

IPO投資初心者の方はこちらをどうぞ
 ★新規公開株式(IPO)投資の始め方★


SBI証券
IPO取扱数が圧倒的に多い証券会社です。IPOチャレンジポイント制度を利用することで、落選するたびに次回の当選確率を上げることも可能なIPOオススメ証券口座第1位です。>>SBI証券IPOルール

岩井コスモ証券

IPOのBBと抽選申込が分かれる数少ない証券口座で、抽選をし忘れてしまうが故に穴場の証券口座です。IPO取り扱い実績も申し分ありません>>岩井コスモ証券IPOルール

マネックス証券

SBI証券同様、IPOの取り扱いが多い非常に多い証券口座です。IPO当選には外せない証券口座です。>>マネックス証券IPOルール

 

サイト管理人は実際に新規公開株式(IPO)投資のために22の証券口座を開設していますが、IPO当選のためのすべての証券口座情報を知りたい方は『IPO用証券口座徹底解説ページ』も参考にしてみてください。