さぁはじめよう新規公開株(IPO)投資│IPO FREAK

株式投資初心者の方でも簡単に始められる新規公開株式(IPO)投資の全貌について徹底的に研究するサイト

新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

セカンダリー投資で利益を出そう!頻出する値動き5パターン

投稿日:

セカンダリー投資では株価の値動きを予測し、その予測が当たって初めて利益を得ることができます。

株価はさまざまな要因によって変動するために正確な予測は困難ですが、チャートを分析することで頻出する値動きのパターンを学ぶことができます。

本記事では、セカンダリー投資で利益を上げるのに役立つ値動きのパターンを5つ解説します。

1.公募価格での反発

上場したばかりのセカンダリー投資の対象銘柄は、公募価格で反発あるいは抵抗帯を形成することが多いです。

上場したばかりの銘柄は過去のチャートがないために値動きの分析をするための指標がなく、その結果公募価格は多くの投資家にとって反発の目安にする指標となります。

初値が公募価格を上回っている場合は、値下がりした時に公募価格付近が底になりやすいです。

一方で、価格が公募価格を大きく下回った場合には、値上がりした時に公募価格が一時的な天井になりやすいです。

この性質を上手く使って、売り時と買い時のタイミングを計れば勝率は高くなります。

下は、2015年12月18日に上場したアートグリーン(3419)の日足チャートです。
セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

アートグリーンは公募価格420円に対し、初値614円を付けました。

その後下落し、2016年2月29日には418円の安値を付け、徐々に上昇しています。

アートグリーンの場合は半年近く公募価格近辺で推移しており、公募価格で強い買い支えがあったことが見て取れます。

2.出来高の急増

上昇し続けた銘柄の出来高が急増した場合、それは相場の終わりを示していることが多いです。

出来高はどれだけその株が売買されたかを示していますが、相場の終わりは最も売りと買いが激しくなるために、出来高は何倍・何十倍にも跳ね上がります。

2-1.なぜ相場の終わりで売買が激しくなるのか

相場の終わりで売買が激しくなる理由は、売りたい投資家と買いたい投資家が等しくなるためと、デイトレーダーが集まるためです。

徐々に価格が上昇する相場の初期では、買いたい投資家が売りたい投資家よりもやや多い状態で、売り物が少ないために売買の成立も少ないです。

その結果、出来高は低調に推移します。

一方、相場の終焉では買いたい投資家と売りたい投資家の数がほぼ等しくなるために、売買が次々と成立し、出来高が膨れ上がります。

また、相場の終わりは値動きが大きくなるため、デイトレーダーにとって稼ぎ易くなり、デイトレーダーが集まってきます。

そしてさらに値動きは激しくなり、さらにデイトリーダーが集まると言う循環に入ります。

最終的には、買う投資家よりも売る投資家が増え、株価は下落して相場は終わります。

2-2.出来高が増えたら危険シグナル

価格が乱高下し、出来高が増えている状態は相場の終わりが近いため、安易にその相場に新たに参加すべきではありません。

その前に株を購入していれば、近いうちに相場が終わることが予測できるので、適度なところで売り払うことをおすすめします。 

下は、2015年12月18日に上場したフリュー(6238)の日足チャートです。
セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

図に示した通り、2017年に入ってから出来高が急増し、1月30日に高値を付けて相場が終了しました。

この例では、出来高が最も大きかった日に、最も値上がり幅が大きくなりました。

出来高は投資家の関心の高さを示すものでもあり、出来高が減って行くにつれて投資家の関心はよそへ移り、値動きも小さくなっていきます。

3.レンジ

株価は時に、一定の価格幅の中で上下するような値動きをすることがあり、これをレンジの形成と言います。

レンジは、業績が安定している時に形成しやすい性質があります。

というのも、業績が悪ければ株価は下落し続け、業績が良ければ株価は上昇し続けるからです。

レンジの値幅は、せいぜい株価の1~2割程度なので、レンジを利用して利益を上げようと考えると、一度でそこまで大きく儲けることはできません。

ただし、繰り返しレンジを形成するならその度に利益を上げることができるので、コツコツ利益を積み上げることはできます。

下は、2015年8月26日に上場した土木管理総合試験所(6171)の日足チャートです。
セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

600円と700円の間で、何度も上昇と下落を繰り返していることが分かります。

また、700円を超えた時でも800円手前で戻されています。

レンジは600円、700円、800円と言ったきりの良い価格の間で形成されることが多く、きりの良い価格の少し手前で指値を入れることでレンジで得られる利益を最大化できるのです。

4.抵抗価格抜け

ある価格よりも株価が下がらない、逆に上がらずに何度も反転している場合、その価格は抵抗価格帯と呼ばれます。

抵抗価格帯を株価が抜けたら、その後株価が大きく動く可能性があります。

株価が一定の価格から動かない時は、その価格で買い支えていて、逆に売り浴びせている投資家がいることを意味しています。

その投資家は、大きな資本を持つ一人の投資家、あるいは機関投資家である場合もありますし、複数の投資家が同じ行動をしている場合もあります。

抵抗価格帯を抜けるということは、「抵抗価格帯を作っていた投資家がいなくなった」または「彼らの資金力を越えた買い圧力または売り圧力が出た」ことを意味しています。

従って、抵抗価格帯を抜けると、その強い圧力によって株価が大きく動く可能性は高いです。

下は、2014年3月6日に上場したサイバーリンクス(3083)の日足チャートです。
セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

1400円の下で何度か反発したあと、2015年12月に抵抗価格帯を下に突き抜け、そのまま800円以下にまで一気に下落しました。

突き抜ける直前は徐々に値を下げて来ており、このようなチャートの時は抵抗なく突き抜けてしまうことが多いです。

5.等間隔上昇

レンジと少し似ているが、株価の上昇中に大きく値が動くとき、過去の上昇幅と同じ値幅で上昇することがあります。

例えば、ある時500円株価が上昇して天井をつけ、その後250円値下がりしたあと値動きが止まり、3ヶ月後に再び500円上昇して天井をつけ、また250円値下がりして値動きが止まる、といった価格形成です。

こうなると、まるで段々畑の断面を見ているようなチャートになります。

このような値動きは2~3回繰り返され、順調に業績を伸ばして株価も上昇基調にある銘柄によく見られます。

下は、2015年8月11日に上場したパルマ(3461)の日足チャートです。
セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

図の中だけで、4回上昇と下落を繰り返し、徐々に株価を上げています。

その値幅はどれも約200円であり、200円上げては値下がり、200円上げては値下がりを繰り返しています。

過去に学び、未来を知る

本記事で紹介したパターンは、テクニカル分析を使って投資をしている投資家のほとんどが常識として知っている内容です。

値動きのパターンを生み出すのは、突き詰めれば投資家心理そのものに他ならないです。

レンジの安値では皆買おうとしますし、過去の同じ値幅分だけ上昇すれば皆売ろうとします。

多くの投資家が同じように考えて行動した結果が、値動きパターンとなって現れるのです。

値動きパターンは未来永劫変わらないものではなく、投資家の考え方が変化すればパターンも変化します。

過去に有効だったパターンが、徐々に機能しなくなることも多々あります。

セカンダリー投資で利益を上げ続けるには、値動きのパターンを学びつつも、その変化を感じ取り、対応する力も求められます。

-新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

執筆者:

関連記事

セカンダリー投資をサラリーマンにおすすめする9個の理由

セカンダリー投資は副業でも可能!サラリーマンに勧める9個の理由

セカンダリー投資は、サラリーマンにとって収入を増やすこと以外にも有益な点がいくつもあります。 セカンダリー投資を通じて得られるものは、「お金」「知識」「役に立つ考え方」であり、本記事ではそれらを9項目 …

セカンダリー投資とは何か?初心者でも10分で理解できる投資講座

セカンダリー投資とは?初心者でも10分で理解できる投資講座

セカンダリー投資はIPO後に行うことができる投資ですが、具体的な投資手法やリスク管理の方法などはご存じでしょうか。 セカンダリー投資は投資家の裁量次第で様々な売買をできる分、投資家個人の資質や経験が非 …

セカンダリー投資でエントリーポイントを見極める5つの方法

セカンダリー投資 株式の購入タイミングを見極める5つの方法

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で分析するべきポイント10項目

セカンダリー投資で利益を出す方法!分析するべきポイント10項目

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資の践で役立つサイト10選

セカンダリー投資の実践で役立つサイト9選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

’IPOFREAK’

名前:ぴよ吉(左)&博士(右)
IPO投資初心者のぴよ吉が、IPO博士と出会い初心者から新規公開株投資をマスターしていきます!

IPO投資初心者の方はこちらをどうぞ
 ★新規公開株式(IPO)投資の始め方★


SBI証券
IPO取扱数が圧倒的に多い証券会社です。IPOチャレンジポイント制度を利用することで、落選するたびに次回の当選確率を上げることも可能なIPOオススメ証券口座第1位です。>>SBI証券IPOルール

岩井コスモ証券

IPOのBBと抽選申込が分かれる数少ない証券口座で、抽選をし忘れてしまうが故に穴場の証券口座です。IPO取り扱い実績も申し分ありません>>岩井コスモ証券IPOルール

マネックス証券

SBI証券同様、IPOの取り扱いが多い非常に多い証券口座です。IPO当選には外せない証券口座です。>>マネックス証券IPOルール

 

サイト管理人は実際に新規公開株式(IPO)投資のために22の証券口座を開設していますが、IPO当選のためのすべての証券口座情報を知りたい方は『IPO用証券口座徹底解説ページ』も参考にしてみてください。