さぁはじめよう新規公開株(IPO)投資│IPO FREAK

株式投資初心者の方でも簡単に始められる新規公開株式(IPO)投資の全貌について徹底的に研究するサイト

新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

【2018年新規公開株】IPOセカンダリー投資結果一覧・分析まとめ

投稿日:2019.01.01 更新日:

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]博士、2018年のセカンダリー投資結果はどうだったんでしょうか?[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]市場の乱高下により、例年より厳しい結果になったのは確かじゃ。しかし、そんな相場の中でもキラリと光る銘柄たちもあったぞ!![/voice]

2018年のIPOの傾向

2018年は94銘柄が上場。
初値が公募の10倍になる銘柄(HEROZ)が出るなど、総じてIPO投資は好調でした。公募が初値が上回った銘柄は80銘柄という数字にも表れています。

一方でその後の株価の推移は芳しくなく、セカンダリー投資は低調でした。初値が年末の株価を上回った銘柄は14銘柄という少なさにも表れています。

理由としては、下記理由が挙げられます。

  1. 初値が高騰しすぎた
  2. 日経やダウなどの外部環境が悪かった

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]IPOの人気が高まって、初値が高騰する銘柄が多かったぞ。しかし、その後の株価推移は外部要因もあり、厳しいものになったぞ[/voice]

2018年1月上場IPOセカンダリー結果

例年、1月は上場はほとんどありません。
今年も例に漏れず、上場はありませんでした。

2018年2月上場IPOセカンダリー結果

2月上場のIPOは、5銘柄が上場しました。
しかし、プラスになったのが1銘柄だけという厳しい結果に。

2月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 ザイマックス・リート投資法人  +5.8%

2月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
ジェイテックコーポレーション 9,700 3,155
(-6,545)
-67.5%
Mマート 5,380 1,184
(-4,196)
-78.0%
ザイマックス・リート投資法人 104,000 110,000
(+6,000)
+5.8%
世紀 上場中止 上場中止 上場中止
CREロジスティクスファンド投資法人 104,500 99,500
(-5,000)
-4.8%

 

2018年3月上場IPOセカンダリー結果

3月上場のIPOは、14銘柄が上場しました。
しかし、プラスになったのが3銘柄だけという厳しい結果に。

3月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 SOU +63.7%

2位 ファイバーゲート +37.4%

3位 RPAホールディングス +9.8%

3月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
日本リビング保証 5,100 759
(-2,823) ※1
-55.4%
アズ企画設計 4,705 1,205
(-3,500)
-74.4%
和心 4,555 1,046
(-3,509)
-77.0%
アジャイルメディア・ネットワーク 15,470 1,115
(-12,125) ※1
-78.4%
RPAホールディングス 14,280 3,135
(+1,395) ※2
+9.8%
キュービーネットホールディングス 2,115 1,804
(-311)
-14.7%
ファイバーゲート 2,388 1,640
(+892) ※3
+37.4%
SOU 4,100 6,710
(+2,610)
+63.7%
信和 1,106 1,014
(-92)
-8.3%
共和コーポレーション 2,511 556
(-1,399) ※3
-55.7%
日総工産 4,020 1,930
(-160) ※3
-4.0%
フェイスネットワーク 3,200 851
(-2,349)
-73.4%
神戸天然物化学 3,665 1,641
(-2,024)
-55.2%
SERIOホールディングス 4,100 738
(-3,362)
-82.0%

※1 株分割1:3
※2 株分割1:5
※3 株分割1:2

2018年4月上場IPOセカンダリー結果

4月上場のIPOは、8銘柄が上場しました。
しかし、年末株価でプラスになった銘柄は0でした。

4月上場セカンダリー結果ベスト3

なし

4月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
エヌリンクス 3,780 1,355
(-2,425)
-64.1%
ベストワンドットコム 14,830 4,210
(-10,620)
-71.6%
アイペット損害保険 4,500 3,500
(-1,000)
-22.2%
HEROZ 49,000 7,130
(-34,740) ※1
-70.9%
コンヴァノ 2,189 991
(-1,198)
-54.7%
ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 3,600 840
(-2,760)
-76.7%
ビープラッツ 10,000 7,780
(-2,220)
-22.2%
ブティックス 3,210 3,000
(-210)
-6.5%

※1 株分割1:2

 

2018年5月上場IPOセカンダリー結果

5月上場のIPOは、1銘柄のみ。
2019年の月別では、唯一のプラス結果のみの月となりました。※1銘柄だけですけどね

5月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 ラクスル +45.4%

5月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
ラクスル 1,645 2,392
(+747)
+45.4%

 

2018年6月上場IPOセカンダリー結果

6月上場のIPOは、13銘柄(うち上場中止2銘柄)が上場しました。
しかし、プラスになったのが1銘柄だけという2018後半の下落影響を受ける結果に。

6月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 ZUU +2.7%

6月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
スプリックス 2,587 1,824
(-763)
-29.5%
パデコ 上場中止 上場中止 上場中止
エーアイ 3,500 1,697
(-1,803)
-51.5%
プロパティデータバンク 4,100 1,670
(-2,430)
-59.3%
IPS 6,670 1,200
(-670) ※1
-10.0%
インバウンドテック 上場中止 上場中止 上場中止
国際紙パルプ商事 450 250
(-200)
-44.4%
ライトアップ 3,725 1,052
(-2,673)
-71.8%
SIG 4,665 681
(-2,622) ※2
-56.2%
ZUU 5,550 5,700
(+150)
+2.7%
コーア商事ホールディングス 4,000 845
(-1,465) ※2
-36.6%
ログリー 4,635 4,545
(-90)
-1.9%
メルカリ 5,000 1,842
(-3,158)
-63.2%

※1 株分割1:5
※2 株分割1:3

 

2018年7月上場IPOセカンダリー結果

7月上場のIPOは、10銘柄が上場しました。
しかし、プラスになったのは半分以下の3銘柄とまたまた厳しい月に。

7月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 ロジザード +17.3%

2位 GAtechnologies +4.0%

3位 プロレド・パートナーズ +1.3%

7月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
プロレド・パートナーズ 7,170 7,260
(+90)
+1.3%
タカラレーベン不動産投資法人 92,000 86,600
(-5,400)
-5.9%
エクスモーション 5,000 2,943
(-2,057)
-41.1%
アクリート 1,542 884
(-658)
-42.7%
GAtechnologies 5,780 3,005
(+230) ※1
+4.0%
バンク・オブ・イノベーション 2,000 1,541
(-459)
-23.0%
マネジメントソリューションズ 4,500 3,995
(-505)
-11.2%
MTG 7,050 5,280
(-1,770)
-25.1%
キャンディル 1,800 914
(-886)
-49.2%
ロジザード 2,500 2,932
(+432)
+17.3%

※1 株分割1:2

 

2018年8月上場IPOセカンダリー結果

8月上場のIPOは、3銘柄が上場しました。
しかし、プラスは1銘柄のみの寂しい結果に。

8月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 チームスピリット +19.5%

8月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
チームスピリット 2,417 2,887
(+470)
+19.5%
イボキン 2,310 1,484
(-826)
-35.8%
システムサポート 4,000 1,717
(-2,283)
-57.8%

2018年9月上場IPOセカンダリー結果

9月上場のIPOは、15銘柄(うち上場中止1銘柄)が上場しました。
しかし、プラスになったのが1銘柄だけという厳しい結果に。

9月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 アズーム +6.1%

9月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
ワールド 2,755 1,517
(-1,238)
-44.9%
フロンティア・マネジメント 5,000 2,950
(-2,050)
-41.0%
SBIインシュアランスグループ 2,160 972
(-1,188)
-55.0%
極東産機 696 599
(-97)
-13.9%
東京インフラ・エネルギー投資法人 92,600 83,700
(-8,900)
-9.61%
ブロードバンドセキュリティ 2,001 1,560
(-441)
-22.0%
アイリックコーポレーション 2,226 1,915
(-311)
-14.0%
イーエムネットジャパン 7,000 3,295
(-3,705)
-52.9%
アズーム 6,400 6,790
(+390)
+6.1%
テノ.ホールディングス -(12月上場) -(12月上場) -(12月上場)
マリオン 3,800 1,048
(-2,752)
-72.4%
香陵住販 1,970 1,113
(-857)
-43.5%
伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人 99,300 83,900
(-15,400)
-15.5%
andfactory 4,010 3,900
(-110)
-2.7%
ナルミヤ・インターナショナル 1,501 1,045
(-456)
-30.4%

2018年10月上場IPOセカンダリー結果

10月上場のIPOは9銘柄。
しかし、セカンダリー投資では全てがマイナスになるという異常事態に。

10月上場セカンダリー結果ベスト3

なし

10月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
VALUENEX 4,300 2,330
(-1,970)
-45.8%
リーガル不動産 1,972 1,044
(-928)
-47.1%
ディ・アイ・システム 3,300 1,347
(-1,953)
-59.2%
ギフト 3,710 3,615
(-95)
-2.6%
プリントネット 2,041 925
(-1,116)
-54.5%
Delta-FlyPharma 4,385 2,632
(-1,753)
-40.0%
イーソル 4,000 3,935
(-65)
-1.6%
CRGホールディングス 1,832 1,079
(-753)
-41.1%
ブリッジインターナショナル 4,920 2,760
(-2,160)
-43.9%

2018年11月上場IPOセカンダリー結果

11月上場のIPOは、1銘柄のみ。
しかし、市場環境の影響を受けて株価はマイナス

11月上場セカンダリー結果ベスト3

なし

11月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
アクセスグループ・ホールディングス 3,500 1,390
(-2,110)
-60.2%

 

2018年12月上場IPOセカンダリー結果

12月上場のIPOは、市場環境によって壊滅状態。
なんと2018年末株価で、プラスになったのが3銘柄だけという異常事態でした。

12月上場セカンダリー結果ベスト3

1位 EduLab +56.8%

2位 ポート +21.5%

3位 自律制御システム研究所 +2.8%

12月上場セカンダリー結果一覧

銘柄名 初値 2018末株価 増減(%)
レオス・キャピタルワークス 上場中止 上場中止 上場中止
ベルトラ 514 498
(-16)
-3.1%
リンク 7,620 7,210
(-410)
-5.3%
テノ.ホールディングス 2,400 1,859
(-541)
-22.5%
EduLab 3,270 5,130
(+1,860)
+56.8%
自律制御システム研究所 2,830 2,910
(+80)
+2.8%
ポート 930 1,130
(+200)
+21.5%
Amazia 1,756 1,437
(-319)
-18.1%
AmidAホールディングス 1,552 1,195
(-357)
-23.0%
ソフトバンク 1,463 1,358
(-105)
-7.1%
Kudan 14,000 10,570
(-3,430)
-24.5%
田中建設工業 2,570 2,563
(-7)
-0.3%
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 6,350 5,410
(-940)
-14.8%
ツクイスタッフ 4,030 3,100
(-930)
-23.1%
グッドライフカンパニー 1,951 1,324
(-627)
-32.1%
オーウエル 855 635
(-220)
-25.7%
FUJIジャパン 907 599
(-308)
-34.0%
アルテリア・ネットワークス 1,190 1,166
(-24)
-2.0%
アルー 2,010 1,191
(-819)
-40.7%
ピアラ 5,030 4,200
(-830)
-16.5%

 

まとめ

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]2018年は、セカンダリー投資は厳しい結果になりましたね[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/tobuniwatori.png” name=”IPO博士” type=”r”]一方、IPOの初値は高騰するなどIPOが当たった方には天国のような相場じゃった。特にIPOチャレンジポイントを使った投資では、単価1万に迫るものも出るなど好調じゃったな[/voice]

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=”ぴよ吉” type=”l”]IPO投資セカンダリー投資、これからもしっかり勉強していきます!![/voice]

-新規公開株式(IPO)セカンダリー投資

執筆者:

関連記事

セカンダリー投資で注目された企業10選

セカンダリー投資ではどんな企業に投資する?過去に注目された企業10選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で予測できる5つの値動きパターン

セカンダリー投資で利益を出そう!頻出する値動き5パターン

セカンダリー投資では株価の値動きを予測し、その予測が当たって初めて利益を得ることができます。 株価はさまざまな要因によって変動するために正確な予測は困難ですが、チャートを分析することで頻出する値動きの …

セカンダリー投資で利益を上げ続けるコツ!損切すべき7つのタイミング

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

セカンダリー投資で利益を上げ続けられる人の8個の特徴

セカンダリー投資で利益を上げ続けられる人の8個の特徴

セカンダリー投資で利益を上げ続ける人には、どのような特徴があるでしょうか。 その特徴が分かれば、自分の投資に活かすこともできます。 本記事では、セカンダリー投資で利益を上げ続ける投資家としての特徴・資 …

セカンダリー投資で3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

セカンダリー投資で利益を出す方法!3倍以上の利益を生み出した銘柄5選

[voice icon=”https://lets-ipo.com/wp-content/uploads/2017/02/hiyoyoyoyo.png” name=&#8221 …

’IPOFREAK’

名前:ぴよ吉(左)&博士(右)
IPO投資初心者のぴよ吉が、IPO博士と出会い初心者から新規公開株投資をマスターしていきます!

IPO投資初心者の方はこちらをどうぞ
 ★新規公開株式(IPO)投資の始め方★


SBI証券
IPO取扱数が圧倒的に多い証券会社です。IPOチャレンジポイント制度を利用することで、落選するたびに次回の当選確率を上げることも可能なIPOオススメ証券口座第1位です。>>SBI証券IPOルール

岩井コスモ証券

IPOのBBと抽選申込が分かれる数少ない証券口座で、抽選をし忘れてしまうが故に穴場の証券口座です。IPO取り扱い実績も申し分ありません>>岩井コスモ証券IPOルール

マネックス証券

SBI証券同様、IPOの取り扱いが多い非常に多い証券口座です。IPO当選には外せない証券口座です。>>マネックス証券IPOルール

 

サイト管理人は実際に新規公開株式(IPO)投資のために22の証券口座を開設していますが、IPO当選のためのすべての証券口座情報を知りたい方は『IPO用証券口座徹底解説ページ』も参考にしてみてください。